転職前に知っておきたいこと 企業情報を見極めることがなにより大切!

収入を重視した転職

給料が高いことは看護師の魅力の一つであり、特に女性の場合、安定性と給料の高さで上位に入る職種として注目されています。 その魅力を感じて看護師になることを目指していきた人が、就職した先の給料に不満を感じて転職しようと考えることも珍しくありません。

給料アップを求めるなら、求人を細かに見て選ぶよりもまずは業界別に考えてみるということが重要になります。看護師には新しい職場を選ぶにも無数の候補があるため、その網羅的な比較が難しいからです。

臨床現場で比較してみると、介護系に比べて医療系の方が平均年収が高く、病院に勤めるのが高収入になるという状況があります。個々の施設間での違いがあるのは確かですが、夜勤や残業、休日勤務などが多い病院では手当があることによって給料が高くなりやすい事実もあります。ただ、病院ではサラリーマンのように昇給制はあまり望めません。収入を上げるには、なにか特別な資格を取ったり夜勤をたくさんこなしたりと、手当のプラスアルファを求める方法がメインになってきます。

さらに給料アップを望める転職の道もあります。それは企業に勤める看護師です。具体的にいえば開発モニターなどの仕事が挙げられます。企業に勤めると勤続年数が長くなるにつれて基本給が上がりやすいというメリットがあります。病院にこだわらず、より広い視野で情報を集めれば、将来的には稼げるようになるでしょう。報酬制の給料を純粋に求めていきたいと考えるのなら、企業を選択してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です